KIZAMU-NOTE : ジャズギター とライフハック

「3年後に絶対ジャズギタリストになってやる!」をテーマに、練習記録や日々の雑記を綴ります。

■ Chord Work Study Note 1 : Basic Sound (1)

■ テキストに沿って


コードワークの学習を始めます。

まずはテキストに沿って、そのままの流れで進めていこうと思います。

■ 基本的コードフォーム2種


基本的コードフォームとして2つ取り上げられています。

1) Basic Sound
2) 5弦または6弦ルート、2〜4弦でコードトーンを弾くフォーム

テキストではこのあと譜例とコードチャートを交えながら、両方のタイプが紹介されて行きますが、僕はまず Basic Sound のフォームに集中して進めていこうと思います。

■ Basic Sound とはどういうコードフォームか


定義:Root, 3rd, 7th(6th) の3音で構成され、Rootを最低音としたボイシング

と書いてあります。つまり、5度抜き、ということですね。

その中でも今回は

① 3、4、6 弦を使用したもの(=6弦ルート)

② 3、4、5 弦を使用したもの(=5弦ルート)

を学びます。

■ ダイアトニック・コードで練習し、覚える


まずは、Cのダイアトニック・コードを順に弾いて覚えることにします。

① 6弦ルート・タイプのBasic Sound

      CMaj7 / Dm7 / Em7 / FMaj7 / G7 / Am7 / Bm7(b5)* //

   (*5度抜きのコードフォームなのでb5コードはm7で)

f:id:KIZAMU:20190304091304j:plain

② Basic Sound 5弦ルート・タイプ

f:id:KIZAMU:20190304091310j:plain

①、②を切り替えながらダイアトニック・コードを弾く

f:id:KIZAMU:20190304091314j:plain

f:id:KIZAMU:20190304091319j:plain

■ 12のKey で練習する


上記の混在のパターン(できれば両方を)で12のキーを練習します。

PDFを作ってみました。

www.dropbox.com


次回はこの他のBasic Sound Chord について学びます。

f:id:KIZAMU:20190304091323j:plain