KIZAMU-NOTE : ジャズギター と たすくま

「3年後に絶対ジャズギタリストになってやる!」をテーマに、練習記録や日々の雑記を綴ります。

2019/10/19 テキスト・コレクターも悪くない

日次レビュー

今日は家仕事が溜まってしまっていたので、そちらに重点を置いた1日となってしまい、音楽はちょっと控えめになってしまいました。

何事も溜めてしまうのは良くないなあ、とは思うのですがね。

まあ、こんな日もあります。

さて、今日の結果は下記の通りです。

f:id:KIZAMU:20191020043740p:plain

全体時間

3時間33分
期せずしてゾロ目。
バランスなどを考える余地なく、できた科目は少なかったです。

やれなかったこと

それこそほとんど。

よかったこと

いつからか、教則本に対する考え方が変わりました。

以前は学校の勉強の時によく言われた「いくつもの参考書に目移りすることなく、1冊に集中した方が良い」と言う言葉。
かなり年がいくまでこの考えが尾を引いていました。
楽器屋さんで教則本のコーナーに行くと、どうしても我慢できず買ってしまうのですが、先の言葉が気になって、なんか後ろめたかったんです。

でも、いつからか「違うだろ」と思えるようになり、いまは迷いなく気になった本は買うようにしています。

そもそも、たかが1冊の教則本にギター練習の全てが集約できるはずがありません。

色々な角度、様々な視点からの教則本があり、学ぶべきことはたくさんあります。

そんな単純なことに気がつかなかったなんて、ほんと自分のレベルの低さが嫌になります。

で、そんなこんなでそれなりに教則本が増えて行くわけですが、今日はその中の1冊のなぜか今まで聞かなかった付属CDを聞いていたら、「ムム!」と感じるものと出会いました。

その本はこちら。

f:id:KIZAMU:20191020043745j:plain

『The CAGED Guitar System Bible』

ところどころエッセンスの部分だけ参考にして、それなりに目を通していたのですが、CDを聞いたら、ベーシックなエクササイズが満載で、「あ、これは使えるかも!」とちょっと小さな感動がありました。

平日はできるだけ「考察」の時間は抑えて、「実技練習」に重点を置こうと決めていたのですが、気になっちゃって、ただでさえ今日は時間が取れないっていうのに、結局、この本を見直す気持ちを抑えられませんでした。

スケールやアルペジオのウォームアップメニューに良さそうなエクササイズが満載でした。

明日、もう少し時間をとって見てみようかな、と思っています。

課題の整理

・後半のルーティンメニューを作り上げる
・・・19日:残念ながら今日は課題どころではありませんでした。

今日のところは以上です。
お付き合いいただき、ありがとうございました。
良い一日をお過ごしください。